トップ > Q&A

Q&A


利用できるのはどんな人?
15歳~39歳で、働いた経験が少なかったり、正社員の経験が無かったりなど、自分に自信がない方、仕事や就職に不安、悩みがある若年者対象となっています。
まずはスタッフにお電話で問い合わせてみてください。
何か必要な情報を提供できるかも!
高校や大学の不登校、ひきこもり等で悩む保護者や関係者からのご相談もお受けできます。
利用方法は?
まずはお気軽にお電話、あるいは本ホームページにてお問い合わせください。

お問い合わせいただいた後、ひめサポにて面談を行い、利用方法などについて説明をさせていただきます。
相談や若者キャリア開発プログラムの受講に関しては、面談のときに決めます。
本人の就職に対する意欲が低い、職業についての適性が見極められない、心身の健康状態が思わしくない場合、ご利用をお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

※ホームページからのお問い合わせの場合、開所曜日、時間の関係で
 多少返信にお時間がかかる場合もございますのでご了承ください。
相談、プログラム、職場体験は無料でうけられるのですか?
来所するまでの交通費は各自負担になりますが、相談、プログラム、職場体験は全て無料でうけられます。
この事業は厚生労働省が取り組む「地域における若者自立支援ネットワーク整備モデル事業」の一環として
設置されているため、費用がかかりません。
どのような若者がサポステにきていますか?
この不況の中、働きたくても働けない若者が沢山いらっしゃいます。

・勉強をしてスキルをつけたいが、現在は働いていないのでお金がなくて苦労している。
・話すことが苦手でうまく自分の気持ちをつたえられない。
・親元を離れ自立したいけれど、そのきっかけがつかめない。
・自分が何をしたいのか、どんな仕事にむいているのかわからない。
・長年、ひきこもりになってしまって仕事をしたくてもその自信がない。
・わかりあえる仲間が欲しい。
・履歴書の書き方、面接の受け方のコツがわからず不安。

などなど理由は様々です。皆さん、最初はそれぞれの不安を抱えて来訪されます。
ですが回をかさねるごとに少しづつですが、明るく前向きな気持ちで来訪されています。
保護者でも相談に乗ってもらえるのですか?
保護者や家族の相談にのります。子どもの自立のためには、親のサポートが不可欠です。
どんな風にサポートしていけばいいのか、一緒に考えていきましょう。
個人情報保護についてはどの様に対応していますか?
相談者の個人情報及び相談内容の秘密は厳守します。ただし、相談者の有益につながると判断した場合に限り、
カウンセラー同士が連携をとる上で、必要と認められる範囲内の情報について共有します。
その旨は初回カウンセリングの際に、カウンセラーから相談者に充分にお話し、相談者の了承の範囲で行います。
相談のための予約は必要ですか?
基本的には予約制で行っています。まずはお電話を頂戴し、来所日の日程時間調整をスタッフと行います。
メールでの相談にも応じてくれますか?
原則的には当ステーションに来所し、相談を直接うけることで、就労実現の可能性は広がります。
しかし現在、お子様がひきこもりなどの理由からすぐに来所できない場合もありますので、
そのような際は是非一度お電話ください。
サポステのカウンセリングの特徴は何ですか?
チームカウンセリングでカウンセラー同士が強い連携をとりながらトータルに就労支援を行います。
就労支援については単に適性・適職発見や能力開発に力点を置くだけではなく、就労意欲が湧かない、
対人関係に不安がある、自分自身に自信がもてないといった心の問題を抱えている若者や
心の病で医療機関に掛かっている若者にも対応していけるカウンセリング体制をとっています。
キャリアカウンセリングと心理カウンセリングはどう違うのですか?
キャリアカウンセリングは、キャリア・コンサルタントが相談者とともに本人の適性・適職を考え、
必要に応じて能力開発や就職活動(応募書類の添削指導など)の支援するカウンセリングです。

一方、心理カウンセリングは、相談者が語る心の深い問題を臨床心理士や心理カウンセラーが聴き、
相談者の本来もっている健康な心を取り戻していくように支援するカウンセリングです。
ただし、当事業の心理カウンセリングの目的は、「就労」を視野に入れた心理カウンセリングとなります。

キャリアカウンセリングの前に心の問題を整理しておきたい人は、心理カウンセリングを受けてから、
キャリアカウンセリングに進むことができます。
また、その逆もできます。

いずれも、チームカウンセリングで各カウンセラーが連携していますので、安心して相談ができます。
カウンセリングのほかにどのようなイベントをしていますか?
就労をより効果的に促進するために、対人関係改善のための講座や
応募書類(小論文・志望理由・職務経歴書など)の 書き方、
添削指導や面接対策講座(口頭試問対策など)講を実施します。
また、保護者の方を対象とした講座も随時実施します。

相談者に熟知した当ステーションのカウンセラーが、
相談者の視点に立ち必要に応じて独自に各種講座・セミナーなどを企画・担当します。